スターフィッシュとコーヒー

"and started this song Everything's OK"

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

お休み

mifune
スポンサーサイト
このページのトップへ

準備中?

 どうも、お久しぶりです…。最近こんなのばっかりですね。はたしてこのブログ、存在する意味があるのだろうか…。
 
このページのトップへ

準備中

mifune
このページのトップへ

ジョージ・ハリスンの日

 もう5年も前になるわけだけど、2001年11月30日のことはよく覚えています。ジョージ・ハリスンが死んだ日の、次の日です。

George Harrison 僕はその時、たまたま旅行中でイギリスにいました。本当にたまたま。フランスとアイルランドに行くつもりだったので経由しただけ。ドーバーを渡ってフランスに行こうというよくわからない理由で。訃報は新聞で知りました。
 その時思ったのは、ジョージ・ハリスンという人が愛されているというのと、もう歴史上の人物なんだ、ということ。それと、どこからか流れてきた"Something"のメロディを立ち止まって聴いていたことをよく覚えています。
 だから何かあるというわけではなく、ただ覚えているだけです。
このページのトップへ

近況

 現在事情があって緊急帰省中です。なぜ緊急かというと、緊急と付けてみたかったからです。
 というわけで今日はウインドウズなのでさらっと済ませます。

Gram Parsons うっかりグラム・パーソンズの『The Complete Reprise Sessions』を購入してしまいました。
 過去にああだこうだ書いてた気がするけれど、Amazonで2680円まで下がっていたので。まあ、2枚の名作ソロアルバムのリマスターが手に入るわけだし、いっかなって。僕は2001年の『Sacred Hearts and Fallen Angels: The Gram Parsons Anthology』を持っているので、ソロアルバム収録曲のほとんどのリマスター音源をすでに持っているわけだけど、気にしないでおこう。仕方ないんだ。

 受け取る前に帰省しちゃったのでまだ見てないけど、グラム・パーソンズの音楽を熱烈に愛しちゃってるか、もしくは彼のソロアルバムを持っていない人には、この値段ならおすすめです。特にアルバムを持ってない人に。

I Believe to My Soul いっしょに購入したのはジョー・ヘンリーがプロデュース、編集したコンピレーション『I Believe to My Soul』。これはずっと欲しかったけど高かったりして機会を逃していたのです。Amazonの輸入盤大セールで安くなってたのでいい機会だと思って。
 このセールには名コンピレーション『Our New Orleans: A Benefit Album for the Gulf Coast』やベン・ハーパーの『Both Sides of the Gun』などけっこう素敵なアルバムが入ってるので、ちょっとのぞいてみたらいかがでしょう。
このページのトップへ

がんばれポール

 たぶん、60年代だろうが、70年代だろうが、90年代だろうが、今現在であろうが、ビートルズのメンバーで(正確に言えば、ジョン、ポール、ジョージの中で)誰が好きか、かっこいいのか、っていうのは普遍的な話題だと思うんです。そんなの選べないと思いながらも、やっぱりちょっとは誰かをひいきするところがありますよね。今はジョンが断然なのかなあ、どうなんだろう? 結論は、みんな好き、なんだけど。

Paul Is Love あたたかい書き出しにしてみましたが、ポール・マッカートニーさんの離婚裁判、修羅場みたいですね。僕はゴシップ系の記事はかなりうといんだけれど、たまたま見たら、へザーさんの主張がすごいことになってました。しっかりと泥沼への道を歩んでるようです。
 僕は、離婚も裁判も、まあ、どうでもいいです。「がんばれ」っていうのは別に裁判のことじゃなくて、ええと、ま、気を落とさずに幸せに生きてくださいね、ぐらいの意味かな。すっかり過去の人物みたいな言い方になりましたが、ポールはまだまだ現役です。

【LINK】世界一小さい新聞 - nikkansports.com

 さて、気を取り直してポール・マッカートニーのソロアルバムの話題にしようかと思ったら、僕はソロはあんまり聴いてないや。でも一枚、『Paul Is Live』が手の届くところに置いてありました。これはポール・マッカートニーの89年と90年のツアーからのライヴ盤。ビートルズの曲をがんがんやってるので楽しいですよ。ジャケットもアビイ・ロードのパロディ(?)です。
このページのトップへ

『五線譜のラブレター De-Lovely』

五線譜のラブレター五線譜のラブレター』(2004)
監督:アーウィン・ウィンクラー
出演:ケビン・クライン, アシュレイ・ジャッド, 他

 この映画、観る前は「コール・ポーターの半生を描いた伝記ミュージカル・ラブストーリー?」って感じでいまいち焦点が定まってないような感じがしたんです。だけど、観終わった今ならわかります。これは、最高のコール・ポーター・トリビュート映画です。素晴らしい音楽を創りながらも、何もかも失って孤独な老人として死んだコール・ポーターに祝福を、そして「今でも愛してるよ」と伝えるための。
このページのトップへ

歌うということ

国旗国歌強制は違憲 - 東京新聞


 最初このニュースを見たとき、普通に妥当だと思いました。でも、まあ、いろいろな意見が出ますよね、こういうのは。それにしても、こわい意見(僕にとって)が多いなあ、と少しびっくりしました。まあ、多くの人がこの判決に納得がいかないのと同じように、多くの人が当たり前だと思ったでしょうから、先に納得がいかない意見が多く出るものですよね。
【“歌うということ”の続きを読む】
このページのトップへ

FC2Ad


PROFILE

スターフィッシュとコーヒー

Name:しん
音楽とコーヒーと暇が好きな
20代後半。Macuser。
コメント、トラックバック、
リンク、お気軽にどうぞ。
about

CATEGORIES

CALENDAR

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

SEARCH

RECOMMENDS

20ten
20Ten
Prince
michaelfranti
Sound of Sunshine
Michael Franti & Spearhead
U2360
U@ 360 at the Rose Bowl (2pc) [DVD]
[Blu-ray]
国内版[DVD]
rem""
Fables of the Reconstruction (Bonus CD)
R.E.M.
fishmans
公式版 すばらしいフィッシュマンズの本(DVD付)
21Nights
21 Nights
Prince
Cardinology
Cardinology
Ryan Adams
Lucinda
Little Honey
Lucinda Williams
ani
Red Letter Year
Ani DiFranco
Franti
All Rebel Rockers
Michael Franti
black_joe
Tell 'Em What Your Name Is
Black Joe Lewis & The Honeybears
wilco
Wilco (The Album)
Wilco
Prince
LotusFlow3r
Prince
Relentless7
White Lies for Dark Times
Ben Harper & Relentless7

Comments & Trackbacks

RSS and more

ARTIST LIST

取り上げたミュージシャンのリストです。面倒なのでごく一部の記事しかサポートしていません。気が向いたら過去記事も加えますが、主に未来に向けて増えていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。