スターフィッシュとコーヒー

"and started this song Everything's OK"

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Wilco Grey Thursday Sale

今Wilcoのオフィシャルストア、Wilco Store でGrey Thursday Saleやってます。
(※もう終わりました)
25%OFFだ。RoadcaseでApple LosslessをMP3の値段で買えます。
去年もやってたのでそろそかなって思って我慢してたので、とりあえず最新のオースティンのライヴとソリッドサウンドのカヴァーセットの方を買いました。
あと3時間あるから他はもう少し考えます。

Grey Thursdayはよく知らないけれど、普通に考えればBlack Fridayの前ってことでしょうね。
今回逃してもきっとすぐホリデーセールが始まるだろうし、デジタルは売り切れないからよく知らない人は気にせず待ちましょう。フィジカル派の人は去年はホリデーセールの方が楽しそうだった気もするし。

それにしてもなぜダグ ユール...。
スポンサーサイト
このページのトップへ

coming soon

coming soon
このページのトップへ

空白

このページのトップへ

お休み

mifune
このページのトップへ

準備中?

 どうも、お久しぶりです…。最近こんなのばっかりですね。はたしてこのブログ、存在する意味があるのだろうか…。
 
このページのトップへ

2007

 2007年、ほぼ完全に近い形で放置してしまいましたが、音楽を聴かなかったというわけではもちろんありません。むしろ素晴らしいリリースが相次いで例年になく新譜を買った年でした。
 そんなわけで、せっかくだから僕の個人的なアルバム・オブ・ザ・イヤー2007年版をひっそりと発表しておきましょう。
 Wilcoの『Sky Blue Sky』に決定です。
 
Sky_Blue_Sky 理由、それはやっぱり個人的に選ぶからには、フィーリング、これが最も大事です。アルバム全体のイメージとしては、『Sky Blue Sky』というのどかなタイトルよりもアルバムジャケットのイメージの方がしっくりくる感じ。真っ白な空をたった一羽で飛ぶ鳥のようなWilcoの新しい世界、惹かれるものがあるのです。
 実はこのアルバムの何もかもを完璧に愛しきっているかというと、そうでもないんですよね。演奏面では弾きすぎだなって感じることもあるし、正直もう一歩盛り上がりに欠けるようなところもあります(これはあえてなんだろうけれど)。ただ、全体として捉えてみると、やっぱり特別なアルバムなのです。この先どうかはまだわからないけれど、少なくとも2007年という一年の中で最も僕に対して影響力があり、印象に残ったアルバムだということは間違いがないでしょう。
このページのトップへ

CD購入記録

 お久しぶりです。
 僕はフォーエバーよりも、ライクアローリングストーンでアチェンジイズゴナカムな方を好む人なはずなんですが、やはり人というものはけっこう変わらないような気もするこのごろです。
 というわけで、例によってAmazonの輸入盤バーゲンで衝動的にCDを買い込んでしまいました。以下はその記録です。

Long Road Home: In Concert / John Fogerty
 ジョン・フォガティの2005年のライヴです。彼のキャリアを統括するようなベストアルバム『The Long Road Home』後ということで、誰もが聴きたいCCRの名曲が満載です。タイトルもいっしょだし同じコンセプトなんでしょう。『Premonition』もそうだった気もするけれど、気にしてはいけません。
 ジョン・フォガティはブライアン・ウィルソンとかといっしょでポップミュージック史上最も重要な人物の一人で、レベルミュージックの分野でも革新的な、いわゆるレジェンドと称される偉大な人なわけですが、特にそんな感じもしないというか、普通に音楽好きのおっさんみたいなところが素敵です。

The Best of... Live! / Marvin Gaye
 こんなタイトルですが、マーヴィン・ゲイの有名な1980年のモントルー・ジャズ・フェスティヴァルのライヴ盤です。いわゆる『Live in Montreux 1980』ですね。なんでこんなタイトルなのかわけがわからない。
 というか、映像があるようなあるようなあるんだけどね。まあいいや、安かったから(480円)。

Live from the Union Chapel / Damien Rice
 デビューアルバムがなかなか素敵だった気がするアイルランドのシンガー・ソングライター、ダミアン・ライスのライヴミニアルバム。
 それほど欲しい気もしなかったんだけれど、ちょっと聴いてみたいような気もしたのです。典型的なバーゲン買いですね。でも、こういうケースが後々大化けして愛聴盤になったりすることだってあるんだ。好奇心って大事です。

Here, My Dear / Marvin Gaye
 「離婚伝説」というとんでもない邦題で有名な『Here, My Dear』のリマスター&エクスパンデッドエディションです。マーヴィンのリイシューに熱心なHio-Oレーベルですが、エクスパンデッドの仕方間違っているだろう? とマーヴィンのファンならクレジットを見ただけで思うんじゃないでしょうか。
 でも、まあ、この値段ならリマスターのおまけとして楽しむのもいいかな。オリジナルを持ってない人には間違いなくおすすめでしょう。僕? もちろん持ってますよ。

THEMASTER1961-1984 / Marvin Gaye
 これ、最初にリリースされた当時、すごく欲しかったんだ。でも、今となってはそうでもない。
 ボックスセットっていうものは価値がどんどん下がっていくのが理想だと思うのです。それだけリイシューが進んだっていうことですから。僕はコレクター的なメンタリティは持ってない(はず)なんだけれど、それでも買っちゃったのは、あの時買えなかったものを今、という大人的な理由ではなく、いくつかの未発表曲がちょっと魅力的だったからです。結局のところ、僕はマーヴィンが好きなんだ。

Complete On the Corner Sessions / Miles Davis 
 もう、こういうのは知らなかったら知らなかったで幸せなような気もするけど、知ったら知ったで、きっと幸せなんだ。
このページのトップへ

準備中

mifune
このページのトップへ

FC2Ad


PROFILE

スターフィッシュとコーヒー

Name:しん
音楽とコーヒーと暇が好きな
20代後半。Macuser。
コメント、トラックバック、
リンク、お気軽にどうぞ。
about

CATEGORIES

CALENDAR

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

RECENT ENTRIES

MONTHLY ARCHIVES

SEARCH

RECOMMENDS

20ten
20Ten
Prince
michaelfranti
Sound of Sunshine
Michael Franti & Spearhead
U2360
U@ 360 at the Rose Bowl (2pc) [DVD]
[Blu-ray]
国内版[DVD]
rem""
Fables of the Reconstruction (Bonus CD)
R.E.M.
fishmans
公式版 すばらしいフィッシュマンズの本(DVD付)
21Nights
21 Nights
Prince
Cardinology
Cardinology
Ryan Adams
Lucinda
Little Honey
Lucinda Williams
ani
Red Letter Year
Ani DiFranco
Franti
All Rebel Rockers
Michael Franti
black_joe
Tell 'Em What Your Name Is
Black Joe Lewis & The Honeybears
wilco
Wilco (The Album)
Wilco
Prince
LotusFlow3r
Prince
Relentless7
White Lies for Dark Times
Ben Harper & Relentless7

Comments & Trackbacks

RSS and more

ARTIST LIST

取り上げたミュージシャンのリストです。面倒なのでごく一部の記事しかサポートしていません。気が向いたら過去記事も加えますが、主に未来に向けて増えていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。